生命保険にかけるお金の比較したら?

保険金の不払い問題が取り沙汰されていまっすが、あなたは大丈夫ですか!?例えば「後で功をなさない保険料が家計を圧迫する」と言う家庭が増えています。
これは紛れもない事実です。
(汗)安くても月に五千円から、それで高くて四万円という出費がありまっす。
それを総額にすると一生で一千万円以上払っている計算になりますよね。
(汗)日本では、これが「当たり前」になっています。
(汗)※ 実に90パーセント以上です。
それで100パーセントに近い数字の人が、その巨額な大金を「これが当たり前!」(汗)これには高齢化社会であることなどの理由もあります。
ですから、そのパーセンテージについても年々減少している傾向にあります。
この数字はまさに「異様」な数字とも言えます。
(汗)そこで湿気の多い六月に結婚式をあげるのと同じような「企業戦略」があります。
それと「インプリンティング(刷り込み)」が裏にあるといっても過言ではないですよね。
<日本人が生命保険にかける金額について>海外のものと比較しても「あまりにも高い」数字となっています。
(汗)海外の常識人が言うには「お金の使い方を間違っている!」としか言いようがないでしょうね。
各国の保険事情と比較してみましょう。
まずはそれについて把握する必要があります。
そこで、あると言う人は、全体の五割にも満たないというのが保険の真相でもあります。
生命保険に安易に加入しないようにしましょう。
(笑顔)
生命保険の仕組みって?入院と死亡【保障どのくらい必要?】