アメリカと日本の医療の違いは?

現在アメリカで行われているNPによる診察は、医師不足というのもありますが、アメリカの健康保険が日本とは違うという背景もあります。
日本では健康保険に加入する事が義務付けられていますが、アメリカでは個人の自由です。
公的な健康保険に加入できる人も限られており、それ以外は民間の健康保険になりますが、かなり費用はかかるようです。
お金持ちの人であれば、高い保険をかける事が出来る為、医師による高度な医療が受けられますが、そうではない人は、看護師による診察となるのです。
日本では診察はどんな人であっても医師が行います。
NPの診察などは、特定看護師が反対され資格化される事がなくなった今、アメリカと同じ様になる事はないのではないでしょうか。
高度な医療行為が出来るとしても医師の指示の元である特定看護師の資格でさえ、看護師に与えられる事はないのですから、医師の指示なく医療行為を行ったり、診察などあり得ない気がします。
看護師転職しにくい?求人状況口コミ中!【売り手市場って本当?】