ココマイスターのアルバートカーフシリーズの特徴は?

生後3カ月~6カ月の子牛の皮で作った革財布、アルバートカーフはココマイスターの中でもとても希少な財布かつ、加工な難しい財布なのだそうです。
アルバートカーフの特徴は、傷の無い子牛の皮を使っていると言う事もあるのですが、何よりも内装の加工に凝っている事だと思います。
内装は、ミネルバ・ボックスという加工で作られていて、この方法は、バケッタ製法という非常に細かい作業が要求される手法なのだそうです。
この製法で作られた財布は、ココマイスターの中でも、アルバートカーフシリーズとマルティーニシリーズのみだそうです。
皮も希少な上に、加工もコストがかかるので、大変高級な革財布とされているようですね。
こんな革財布をプレゼントされたら、一生物として使用できると思います。
ココマイスター魅力は?国産のメリットって?【海外製との違いは?】