光回線 乗り換え

インターネット接続を従来のADSLから光回線の乗り換える際には注意しなければいけない点がいくつかある。でもそれらの多くはADSLを選んだときと共通する点が多いのだが、僅かだが光回線だけに対する注意点もあるのでまずそれについて確認しておこう。まず第一は光回線を接続する建物の種類についての注意である。一般的に住居には一戸建て、分譲マンション、賃貸マンション、アパートなどがあるが、そのうちどの種の住居に光回線を導入しようとしているのかをまず認識する必要がある。【光回線乗り換えにはどんな点に注意をすればいいのだろうか】上に挙げた住居の種類を認識した後、今度は近々その住居を引っ越す予定があるかどうかの確認が必要になる。 というのは一戸建てや分譲マンションの場合だと、よほどの事情がない限り一般的には引越しがないのが普通であり、光回線を一度引けばその後は回線撤去費用はかかってこない。だが賃貸マンションやアパートの場合だと将来的に引っ越す可能性が多いため、一度光回線を引いてしまえば引越しの際に回線撤去のための費用がかかってくるので、そのために注意が必要なのである。つまり、近々引越し予定がある場合には、しばらくはADSLで我慢して、引っ越した後で光にすると無駄な撤去費用がかからないのである。その他の注意点としてはマンションに住んでいる場合ADSLからに乗り換えるには配線方式の選択に注意しなければならない。 これはマンションの光回線にはLAN配線方式とVDSL方式の2種類があるからなのだ。この二つには通信速度に大きな違いがあるのだ。これについては契約するプロバイダーによって接続方式が異なるので、特にVDSL方式の場合は最大通信速度を確認しておかなければ、超高速インターネット通信に切り替える意味がないのである。