住宅ローンの審査と減税とは?

住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。 住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査はとても厳しく行われます。 審査結果が出るのは約1週間後です。 結果は電話もしくは口頭で伝えられます。審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。 この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。だいたい、数十万単位〜数百万単位の金額が一般的の様です。フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。 フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。 という点は住信SBIネット銀行の住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。 フラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。 一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。 また、それに加えフラット35の審査特徴として住宅の価値を審査される。 という点が加わります。 ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。 住宅ローンを組むためにはまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。銀行・ネットバンク・労金・信用金庫など住宅ローンを取り扱っている金融機関は数多くあります。借入する所によって住宅ローンの審査の違いは大きな違いは特にありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。 店舗に行かなくて良い。 という点が非常に好評です。 店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンです。 住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。頭金無しでも住宅が購入できる!と言った広告も目にしますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。 頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。

http://www.jyutakuloan-genzei.com/
住宅ローン減税とはどのような制度でどのくらい税金を節約することができるのでしょうか?2015年の住宅ローン減税の控除や適用条件について詳しくご紹介します。
www.jyutakuloan-genzei.com/